« 2011年2月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年1月

2012年1月21日 (土)

MacBook ProにBootCampでWindows7いれて日本語入力できるようにかなキーと英数キーの割り当て変更

MacBook Proに半角全角キーがないのでBootCampで日本語入力が不便。
「かな」キーでIME有効にして「英数」キーでIME無効に。
MSIMEはやめて、Google日本語入力

「ツール」「プロパティ」で「Google日本語入力プロパティ」ダイアログ表示
Ws000002
キー設定の選択で「カスタム」を選択して「編集ボタン」押す
「Google 日本語入力 キー設定」ダイアログで「定義済みキーマップからインポート」から、ここでは「ATOK」を選択

Ws000003

続いて「入力キー」でソート

Ws000004

編集から「新しいエントリー」からいくつか追加し、コマンドもいくつか変更(赤枠)

Ws000006

「かな」キーでひらがなになり、「英数」キーで直接入力になる。
上の図の赤枠の入力キーの「Kana」のコマンドを「IMEを有効化」にしたがこの2行は削除でもよいかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月13日 (金)

Mac OS X 10.7 Lion をクリーンインストールして BootCamp で Windows 7 を入れる

◇方針
Mac OS X 10.7 Lion はクリーンインストール(Mac OS X 10.6 Snow Leopard からのアップデート)
Mac OS X 10.7 Lion と Windows 7 の両方が読み書きできるパーティションを作成

◇手順概要
1)Mac OS X 10.6 Snow Leopard をクリーンインストール
2)App Store で Mac OS X 10.7 Lion を購入してアップデート
3)Mac OS X 10.7 Lion の インストールUSB の作成
4)Mac OS X 10.7 Lion の Recovery HD を削除
5)BootCamp で Windows 7 をクリーンインストール
6)ディスクユーティリティーで Mac OS X 10.7 Lion をいれたパーティションを分割

◇メモ
1)Mac OS X 10.6 Snow Leopard をクリーンインストール
Mac 購入時の Mac OS X 10.6 Snow Leopard のインストールDVDでクリーンインストール

2)App Store で Mac OS X 10.7 Lion を購入してアップデート
ソフトウェア・アップデート を実行して App Store をインストール
App Store で Mac OS X 10.7 Lion を購入してアップデート

3)Mac OS X 10.7 Lion の インストールUSB の作成
今回、実際に実施したのは
Lion DiskMaker (US)
を使う方法
そのためには、インストールが終わると自動で削除される「InstallESD.dmg」が必要のようで、下記を参考に、購入済み から option + クリック で App Store から Mac OS X 10.7 Lion を再ダウンロード
Lionのインストール用起動可能ディスクをDVDやUSBメモリで作る

上記ではなく、Apple 純正のツールでできる模様(未確認)
Lion 復元ディスクアシスタント
下記に実際に使った方の説明あり
OS X Lion…「Lion Recovery Disk Assistant」でUSBメディアも作成。

多分
OS X Lion USBメモリ版
みたいのができるのではないかな??

作成した USB で起動してみた
OS起動時に option キー 押しっぱなしで 選択&起動確認

あとUSBで起動時に下記も確認
Mac OSX Lion 10.7.2のリカバリ

電源ONのときにoptionキーを長押しして「Recovery HD」から起動し、ディスクユーティリティを実行するとサイドバーにDisk1が表示されます。
その内容はMac OS X Base Systemとなっていますので、Disk1を選択して「ディスクを作成」してください。
容量はパーティションで確認すると1.4GBとなっていましたので、DVDに書き込むことをお勧めします。

を参考にDVDも作成して、起動時に c キー押しっぱなしで起動確認

ちなみに、ディスクユーティリティーで、普通に「InstallESD.dmg」をDVDに焼いても起動せず
DVD数枚無駄に。。

4)Mac OS X 10.7 Lion の Recovery HD を削除
MacとWindowsの共有パーティションを作成するには Recovery HD があるとNGということで、install USBも作ったし 下記を参考にして Recovery HD は削除
OS X 10.7 Lion の Recovery HD を削除する方法
今回、実際に下記をターミナルで実行


diskutil list
diskutil eraseVolume HFS+ Blank /dev/disk0s3
diskutil mergePartitions HFS+ MacBookPro disk0s2 disk0s3

5)BootCamp で Windows 7 をクリーンインストール
普通にBootCamp で Windows 7 をクリーンインストール
インストール後の時点でパーティションは2つ

6)ディスクユーティリティーで Mac OS X 10.7 Lion をいれたパーティションを分割
ディスクユーティリティーで普通に分割して、Windows 7 も起動できた

前回のMac OS X (10.6.5 Snow Leopard)に BootCamp 3.2 で Windows7(64bit) を入れるでは共有パーティションをNTFSにしたが、Windowsの起動時にDiskCheckが頻繁に発生してOSの起動に時間がかかったので今回は素直にFAT32に

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年2月 | トップページ | 2012年3月 »